×

TEL : 050-3385-7533
10:00~17:00(土・日・祝祭日・年末年始除く)

イーエフピー株式会社 様

URL:http://www.e-fp.co.jp/
〒102-0071 東京都千代田区富士見2-2-5 飯田橋メインビル3F
売上拡大の営業支援コンサルティング、Webシステムの企画、開発および運用の受託等

「伝言の手離れ」と「お客様の声の共有」が可能に!

メッセージプラスをご利用前のお悩みは・・・?

「社内スタッフ談」
営業マンへの伝言を各自の携帯電話へ連絡しても、営業マンの都合もあり(移動中、商談中、打ち合わせなど)なかなか電話に出てくれないことがあります。その為、繰り返し連絡を取らなければならないので、伝言を受けた者の仕事が中断されることが目立つようになってきました。伝言内容によっては、連絡が取れるまで気になって席を離れられない場合もあって、困っていました。

「営業スタッフ談」
会社からの電話に気付いてもタイミングが悪く出られないことがあるんです。大切な商談中などは、マナーモードにしているのですが、しつこく電話が鳴る。発信者の気持ちもわかるけど、気分は良くないです。
携帯電話の留守電は容量不足になるので、こまめに聞かないといけないから、忙しい時は特に面倒なので、なんとかならないかと思っていました。

メッセージプラスご利用のきっかけ

経費が安く済む改善策はないかと、インターネットで色々と検索していて偶然メッセージプラスを見つけました。
内容を拝見すると、PCで「FAXの送受信ができる」「伝言が聞ける」「050で始まる番号を貸し出し」と記載がありました。
これだ!と思い、試しに私だけ利用を開始しました。

メッセージプラスご利用後の変化と使用感

社内で使用する上で私たちは携帯電話の留守番電話を解約して、携帯電話の転送機能を使ってメッセージプラスの専用電話番号へ転送する仕組みを作りました。
今、私が1番活用して良かったと思うのは、私や営業マンが受けたお客様からの「喜び」また「お怒り」の「声」が社内で共有できる事です。
今後は、メッセージプラスの3つ目の利用法として、メッセージプラスをもう一つ設け、FAXの送受信をすることで通信費の削減を考えています。

お客様事例一覧へ戻る