×

TEL : 050-3385-7533
9:00~17:00(土・日・祝日・年末年始除く)

FAXに関するご質問

『メッセージプラス』からFAX送信できない番号はありますか?

はい、一部FAX送信ができない番号があります。

「110」、「119」、「0570(ナビダイヤル)」、「020(発信者課金)」などの「特番ダイヤル」(一部フリーダイヤルを除く)への送信はできません。

また、「090」、「080(0800 は除く)」、「070」、「0990」から始まる番号への送信も不可となっております。

『メッセージプラス』でFAXを受信できない場合はありますか?

はい。送信側の環境によって受信できない場合があります。受信できないケースとしまして以下があります。

1.発信側のFAX機がNTTコミュニケーションズの050で始まるIP電話への発信ができない場合はメッセージプラスでも受信できません。
※発信側が050で始まるIP電話番号へかけてもつながらない場合は、発信側の電話装置の管理者にお問い合わせください。

2.IP電話を利用した場合、一部FAXの機種等または、回線状況によっては正常に受信できない場合があります。その場合は、メッセージプラス電話番号の前に「0000(ゼロを4つ)」をつけて一般加入電話サービスを通じてご利用ください。
※一般加入電話サービスへの迂回方法はお客さまがご使用になる050IP電話対応機器により異なる場合があります。ご不明な点は、ご契約の事業者様へお問い合わせください。

『メッセージプラス』からFAXを送信した場合、発信者番号は通知されますか?

お客様ご自身で通知/非通知の設定ができます。

【注意事項】

・ 「Message+」電話番号以外の送信先には「共通発信番号」が通知されます。
 お客様がご利用の「Message+」電話番号は通知されません。

・ 「Message+」電話番号へFAXを送信する場合は、本設定の内容にかかわらず、
 お客様がご利用の「Message+」電話番号が通知されます。

・ フリーダイヤル(0120/0800)への送信時は発信者番号は非通知になります。

・ 「共通発信番号」は、サービス改善等のため予告なく変更する場合があります。
※「共通発信番号」は発信者番号通知の設定画面にてご確認下さい。

ファイルFAX送信で1回に数種類のファイルを送信できますか?(例:送り状:Word、データ:Excel)

1回に送信できるファイルの種類は1種類です。

送り状をつける場合は、同ファイルの最初のページに送り状をつけるなど、同一ファイルにしていただくと送信できます。

複数ページ受信されたはずのFAXを『メッセージプラス』で確認すると1ページしか表示されません。

TIFFを表示するビューワーをご確認ください。
お問い合わせの多い、Microsoft Office Document Imaging、Picture and Faxviewer(画像とFAXビューワ)、Quick Timeについてご説明します。

1.Microsoft Office Document Imaging
表示⇒縮小版ウィンドウにチェックは入っていますか?
チェックを入れていただくと送信されたFAXの全ページが縮小版表示されます。

2.Picture and Faxviewer(画像とFAXビューワー)
画面下の中央に次ページを表示させるアイコンがありますのでそちらをクリックしていただくと次ページが表示されます。

3.Quick Time
windows画面→スタート→コントロールパネル→「Quick Time」を開いてください。
1)「QuickTime」設定画面の「ブラウザ」タブの「MIME設定」(中央下)ボタンをクリックします。
2)イメージ-静止画ファイルの「TIFF image」チェックを外します。
3) 「QuickTime」設定画面の「ファイルの種類」タブをクリックします。
4)イメージ-静止画ファイルの「TIFF image」チェックを外します。
※設定後、Webメッセージプラスの場合は、Internet Explorerを再起動後に再ログインしてください。

上記以外のアプリケーションでTifが表示され何らかの問題がある場合はTIFの関連付けの変更をお試しください。


【関連付け変更方法】
Windows2000とXP: windows画面→スタート→コントロールパネル→フォルダオプション→ファイルの種類→拡張子→TIF と TIFF→変更(上記プログラムのいずれか)
Windows Vista: windows画面→スタート→設定→コントロールパネル→既定のプログラム→ファイルの種類またはプロトコルプログラムの関連付け→拡張子TIF とTIFF→プログラムの変更

間違った番号にFAXを送信してしまった場合に、キャンセル機能はありますか?

送信予約を完了したFAXはキャンセルできません。

送信先の番号をよくご確認のうえ、送信予約を行ってください。

FAX送信のページ指定はできますか?

できません。

送信したいページだけを別ファイルにし、ファイルFAX送信時にそのファイル名を指定してください。

FAXを「エラー」として受信しているのですが、何が考えられますか?

FAX送信結果がエラーになる理由として、以下の場合があります。
1.送信側が、送信途中でキャンセルした場合
2.何らかの理由で、通信中にエラーが発生した場合
送信側が送信をキャンセルした場合でも、メッセージプラスでは着信した全ての履歴が残ります。
受信結果がエラーの場合は、送信側のFAX機もエラーとなっていますので、お手数ですが、送信元へのご確認と再送信の依頼をお願いします。

ファイルFAX送信で「選択したファイルは送信可能ファイルではありません。」というエラーになってしまいます。

送信ファイルをご確認ください。
※ MS-Officeファイルの対応バージョンは、97 / 98 / 2000 / 2003 / 2007 / 2010 /2013です。
※ TIFファイルは、ファイル形式がTIFF CCITT圧縮またはTIFF CCITT-G3-1次元圧縮で、1ピクセルあたりのビット数が1のもののみ送信できます。
※ PDFファイルは 印刷が許可されていないファイルは送信できません。
[文書]-[セキュリティ]-[文書のセキュリティ設定を表示]にてご確認ください。
[ 読み込みパスワード]、[書き込みパスワード]、[リンク]、[マクロ]、[読み取り専用を推奨する]を設定しているファイルは、正常に送信されません。

ファイルFAX送信で「送信先FAX番号が不正です。FAX番号を再入力してください。」というエラーメッセージが表示され送信できません。

もう1度、送信先FAX番号をご確認ください。
1.半角数字以外が含まれていませんか?(- ハイフンなど)
2.通知/非通知(186/184番号の付加)の番号を入力していませんか?
3.先頭1桁が0でない 又は 先頭2桁が"00"(国際電話)を入力していませんか?
4.10桁、11桁 以外の電話番号を入力していませんか?
FAX番号をアドレス帳へ登録する際に、スペースが後ろに含まれている状態で登録した場合も、同様のメッセージが表示されますのでご注意ください。

受信したFAX(TIFファイル)に加筆し送信したところ、TIFファイルの画像形式(形式)が違うため、FAXへ送信できませんというエラーで送信できません。

メッセージプラスで送信可能なTIFのファイル形式はTIFF CCITT圧縮またはTIFF CCITT G-3 1次元圧縮で1ピクセルあたりのビット数が1のもののみとなっております。

TIFファイルは加筆したり向きを変えて保存したりすると形式が変わってしまい、メッセージプラス側では送信できない形式として判断してしまうケースがあります。
その場合は、編集されたTIFファイルをWordやPower Point文書に貼り付けて送信ください。

Windows Photo GalleryでFAXを表示させると縮んだ状態で表示されたり、印刷されたりすることがあります。

受信したFAXの解像度(X):200DPI、解像度(Y):100DPIになっている場合に、そのFAXをWindows Photo Galleryで表示させると上記の現象が起こります。(解像度は送信側のFAX機に依存します)
メッセージプラスから送信されたFAXは解像度(X):200DPI、解像度(Y):200DPIとなっておりますのでこの現象は起こりません。

正しく表示させるには以下の方法があります。

1.Windows Photo Gallery のメニュー→修正→画像のトリミング→縦横比:A4を選択→透明のフレームが出てくるのでそれを印刷範囲にあわせる→適用

2.問題のファイルをいったんデスクトップなどに保存し、お客様ご自身のM+番号宛にファイルFAX送信する。
※メッセージプラス電話番号同士のファイルFAX送信は料金がかかりません。
注)ファイルFAX送信で送信可能なTifファイルは、ファイル形式がTIFF CCITT圧縮またはTIFF CCITT-G3 1次元圧縮で、1ピクセルあたりのビット数が1のもののみです。